「メンタルヘルス専門+経営・法律に強い」コンサルティング・社会保険労務士事務所。「ストレスチェック」「うつ社員対応」「社内体制・社内規程の整備」など、何でもお気軽にご相談ください。

サービス:うつ社員対応のご相談

うつなどのメンタルヘルス不調社員対応に関する、あらゆるご相談を伺います

目に見えないメンタルヘルス不調への対応の難しさ

「困った時はお互いさま」

社員に優しいう会社やご担当者ほど、多くの悩みを抱えることが多いのがメンタルヘルスの問題ではないでしょうか。

メンタルヘルス不調は、その回復度合いが目に見えません。怪我などの身体的なものであれば、回復度合いが目に見えて分かります。また、本人の困りごとも分かりやすいので、周りが必要なサポートをするのも比較的容易でしょう。

一方、メンタルヘルス不調はそのようにいかないことが少なくありません。

その結果、職場の方が「どう接していいか」「どのように声をかけていいか」「どうサポートしていいか」分からないということが起こりがちです。

結果として、職場がストレスを溜めてしまう、対応に悩んでしまうということが少なくありません。

 

非日常の対応の難しさ

メンタルヘルス不調となる方は年々増えています。業務上の理由によるメンタルヘルス不調の発生、いわゆる労災として認められる件数も増加傾向にあります。2015年12月から施行させる「ストレスチェック制度」は、それを抑制する目的の制度ということは、言うまでもありません。

しかしながら、小さな会社や職場において、メンタルヘルス不調の方と接する機会はそれほど多いわけではないでしょう。

メンタルヘルス不調の方と共に働くということは、多くの職場においてはやはり非日常なことなのです。

非日常で、経験が乏しいことに対して、うまく対応することはやはり難しいものです。

特に、ご本人に対して人事権を行使する、中小企業の経営者の方や人事担当者の方は、その対応に苦慮することが多いことでしょう。

メンタルヘルス不調の対応は、長期間に及ぶことが少なくありません。
その際、一つ一つの手続きを適正に進めることが重要です。

「休職手続き」、「休職中の本人とのやり取り」、「職場復帰支援」、「復職判定」、「復職後の職場支援」など、人事的な手続き、判断を要するポイントは多岐にわたります。

これらの手続きを適正に進めること、これが意外に難しいのです。

多くのケースで、対応の初期段階では、「それほど大ごとにはならないだろう」という思いがあります。そのため、初期段階での手続きが疎かになりがちです。

ただ、対応が長引いてきたときに、問題が生じます。その際、改めて根拠を探そうとするのですが、「就業規則に基づく手続きがなされていない」ことが少なくありません。また、そもそも「就業規則自体に問題がある」ケースも少なくありません。

ある程度対応が進んだ段階で、問題の大きさに気づくことは少なくありません。

 

人事対応の難しさ

メンタルヘルス不調の対応では、人事的な判断を迫られることが少なくありません。
特に、「復職判定時」、「再休職時」 、「休職期間満了時」の対応には、独特の難しさがあります。

「復職判定時」には、特に産業医の選任義務がない中小企業では、主治医の診断書しか判断材料がなく、「本当に回復しているのか」判断に苦慮することが少なくありません。

「再休職時」には、職場の落胆は相当なものです。人事的には、休職期間が残っていれば再度の休職に入ることがほとんどでしょう。でも、直接接していた、担当者や職場の心情としては難しいものを抱えることが少なくありません。

「休職期間満了時」には、人事的には就業規則の規定によります。しかし、実際には規定通りドライな扱いとするのは難しいケースもあります。

その際、特別な配慮をする会社は決して少なくありません。しかし、その場合、「どの程度までするのか?」という点が問題になることがあります。また、これまでの手続きが適正だったかも問われることもあります。

結果として、「就業規則をルールとして人事対応を進める部分」と「これまで対応してきた心情的な部分」とで、人事担当者が悩みを抱えるということは少なくありません。

 

このようなことについて、ご相談いただけます

・人事対応(休職、復職、再休職、退職勧奨・解雇など)
・不調者支援(休職時の本人とのやり取り、試し(リハビリ)出勤、復職後の対応)
・職場支援(職場に対するメンタルヘルスセミナー、ご担当者・同僚の方へのサポート・ケアなど)
・就業規則などの規定に関する事項
・メンタルヘルス体制の構築・立案に関する事項
・不調者のご家族に対する対応、など

 

サービス・料金のご案内

対象 メンタルヘルスに関する問題やお悩みをお持ちの企業様
費用 5,000円/30分(幣所に来所いただいた場合)

 

最後に

どうか、お一人で悩み抱え込まないで下さい。
メンタルヘルス不調のご本人をサポートできるのは、何よりあなた自身なのですから。
どうぞ、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6380-3803 受付時間10:00~18:00
[ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP