就業規則を作ると何が良いの?
就業規則は、法律上の義務を果たすことはもちろんですが、それ以外にもメリットがあります。

就業規則を作成することにより、会社と社員のルールが明文化され、都度個別のルールを確認する必要がなくなります。一定のルールのもと働くことができることは、社員の公平性と安心感につながります。

また、退職時などのトラブルの際には、法律上の根拠として会社を守ることもあります。

就業規則の法律上の義務は、社員数10名以上の会社とありますが、弊所のお客様では、社員数5名ぐらいから作成されることが多いです。社員数が5名を超えてくると、経営者として共通のルールを決める必要性を感じることが少なくありません。

また、IT・ベンチャー企業であれば社員数5名から10名に増えるのはあっという間であり、会社が大きくなる前にしっかりとルールを作っておきたいという、前向きな経営者の方が多くおられます。

会社運営において、就業規則は欠かせないものです。社員が増えるタイミングで、ぜひ一度弊所にご相談ください。

お問い合わせ

質問リストに戻る