退職金制度にはどのようなものがあるの?
退職金制度を検討する際には、対象者や支給額等を定めた退職金規程(ルール)と退職金原資の積立方法(お金)の両面を検討する必要があります。

退職金規程(ルール)の主な観点としては、支給額の決定方法があり、例として以下のものがあります。

  • 在籍年数
  • 役職・貢献等によるポイント制
  • 個人の積立額

また、退職金制度自体は法律上の義務ではありませんので、独自の制度を構築することも可能です。

次に、退職金原資の積立方法には、例として以下のものがあります。

  • 中小企業退職金共済
  • 確定拠出年金
  • 生命保険
  • 社内積立

弊所では、お客様に合った退職金原資の積立プランをご提案可能です。ぜひご相談ください。

質問リストに戻る